World IBD Day とは

World IBD Dayは、1990年5月19日に、欧米23カ国のIBD(炎症性腸疾患:クローン病と潰瘍性大腸炎)の患者会と、世界消化器病学機構が世界会議を行ったことを記念し、欧州クローン病・潰瘍性大腸炎患者連合会(EFCCA)によって制定されました。

毎年5月19日には、世界各地で様々なイベントが開催され、全世界500万~1000万人いると言われるクローン病・潰瘍性大腸炎の患者が結びつき励まし合い、難病についての正しい理解を啓発しています。
2017年は58ヶ国140ヶ所以上のランドマークが紫色のライトアップを行いました。

日本でも2013年より5月19日を「IBDを理解する日」を制定し、毎年全国各地の患者会が啓発イベントを行っています。姫路IBDでは、今年度より世界遺産姫路城を紫色にライトアップすべく活動しています。

 

 

 

 

 

 

現在、姫路城ライトアップのための資金をクラウドファンディングで募っております。
ご支援いただいた方への返礼品もご用意しておりますので、ご協力をお願いいたします。
クラウドファンディングサイトはこちら

Home

IBDについて

IBDとは
潰瘍性大腸炎
クローン病

日本のIBD患者数

99
潰瘍異性大腸炎(全国)
99
クローン病(全国)
99
潰瘍性大腸炎(兵庫県)
99
クローン病(兵庫県)

運営ブログとお知らせ

ライトアップ用の紫のフィルター
ライトアップ用の紫のフィルター
2018年3月30日
姫路城のライトアップを請け負ってる会社から、「カラーフィルターのサンプルができたので、管理事務所に渡してあります」という連絡が入った。 サンプルを2つ作ったので、どっちが良いか決めて欲しいとのことだった。 というわけで、姫路城管理事務所へ。 丁度桜が良い感じに咲いてるので、花見がてら姫路城へ行く。 フィルターは薄い方と濃い方の二つ。 管理事務所では既に懐中電灯
姫路城のライトアップの申請
姫路城のライトアップの申請
2018年2月26日
姫路城のライトアップを申し込む場合、どこへ話を持っていけば良いのか? 姫路フィルムコミッションや、コンベンションセンターや、姫路市観光課かと思いきや、実は姫路市保健所の予防課が担当になっている。 現在の所、病気関係のイベントでしか話を受けておらず、一般企業や普通のイベントではライトアップの話を受けてくれないそうだ。 姫路保健所の予防課には姫路IBDでちょくちょくお世話
姫路城のライトアップがしたいです
姫路城のライトアップがしたいです
2018年2月2日
現在姫路城は4/2自閉症啓発デー、9/21世界アルツハイマーデー、10/1ピンクリボンデー(乳癌啓発)、11/14世界糖尿病デーの4回、通常とはことなる色付きのライトアップを行っています。 姫路IBDの会員のご家族に、世界アルツハイマーデーの姫路城ライトアップの実行委員会に参加されている方がいらっしゃいまして、「IBDもライトアップしたいなぁ」という雑談から、「IBDもや

お問い合わせ

姫路城ライトアップ協力団体・企業