IBDの治療法

ホーム / IBDの治療法

IBDの治療法

潰瘍性大腸炎・クローン病の内科治療

5ASA製剤

5-ASA製剤(5-アミノサリチル酸製剤)は、炎症性腸疾患の内科治療で、最初に使われることが多い治療薬です。ステロイドや免疫抑制剤などの治療に比べると大きな副作用が出にくく、軽症~中等症程度の症状がある時に使われれることが多い。また、緩解時に飲み続けることで、緩解を長期維持することや、癌の予防にもなると言われています。

サラゾピリン 抗炎症作用をもつメサラジン(5-アミノサリチル酸:5-ASA)と抗菌薬(サルファ剤)のスルファピリジンが合わさった薬で、大腸まで届きます。スルファピリジンが副作用を起こす可能性があります。大腸型クローン病・潰瘍性大腸炎に効果が期待できます。
ペンタサ サラゾピリンからスルファピリジンを取った薬です。
そのため、サラゾピリンよりも副作用が少なくなっていますが、小腸から溶けるため、直腸などの大腸末端には届き難い場合があります。小腸型クローンにも効果が期待できます。
アサコール
リアルダ

 

 

姫路城ライトアップ協力団体・企業